おもてなし

温故知新が生み出す伝統美

120年前に炭鉱王が手掛けた〝華麗なる〟迎賓館「ホテルニュータガワ」。ロビーを抜けると目の前に広がるのは、ヨーロッパのオーラに包まれる客室やバンケット、スローで優雅な時間が流れる四季を取り入れた雅な日本庭園。池の中を鯉が優雅に泳ぎ、四季折々に表情を変え、都会の喧噪を忘れさせてくれる日本情緒を堪能頂けます。新緑眩しい季節は陽光を受けた葉が美しく、5月には色鮮やかなつつじが咲き、よりいっそう風情を増します。「ホテルニュータガワ」は洗練されたホスピタリティに包まれ、寛ぎに満ちあふれる休日をお過ごし頂けます。また訪れたくなる“もうひとつの我が家”で極上のホテルステイをお過ごし下さいませ。
ベストレート保証